PRISCILLA (1994 / 豪)

c0148548_10563385.jpg人名リンク=Exciteキーワード(検索まとめサイト)です。結果ページにはネタばれにつながるサイトへのリンクがある場合もありますので各自ご判断ください

★ネタバレなし
原題 : Adventures of Priscilla, Queen of the Desert
監督 : ステファン・エリオット
出演 : テレンス・スタンプ、ヒューゴー・ウィーヴィング、ガイ・ピアース
作品時間 : 104 min


性転換者のバーナデット(テレンス・スタンプ)、バイセクシャルのミッチ(ヒューゴ・ウィービング)、世間知らずの若者フェリシア(ガイ・ピアーズ)。オーストラリアはシドニーのクラブで踊っていた3人のドラッグ・クィーンが、おんぼろバスでミッチの別れた妻子を探す旅に出る。

正直グロイのかなぁ?と思って見始めたけど、最後は何気に心があたたまるロードムービー。

豪州作品なので、独特の発音と、ある種の田舎臭さを感じさせてくれます。とはいっても、1994年度のカンヌ国際映画祭上映で大絶賛されて観客賞を獲得し、アカデミー賞では7部門にノミネート、うち衣装デザイン賞も受賞しているという快作です。また、主人公たちの派手なファッションや全編に流れる70年代ディスコ・ヒット曲の数々が印象的。

usaco学生の頃に豪州に滞在してたことがあったけど、大体は街中だったので、ここまで田舎は知らないけど、豪州らしい大自然、動物も楽しめます。

c0148548_10564390.jpgお気づきかと思いますが、キャストがまた豪華。
名優テレンス・スタンプが性転換者の役を ・・・ (usacoが観た彼の作品『イギリスから来た男』ではハードボイルドだったのに...)でも、往年のハリウッド女優の雰囲気を感じさせる上品な(?)キャラを作り上げてました。ヒューゴ・ウィービングも、いまやロード・オブ・ザ・リングやら、マトリックスで大活躍ですが、派手派手しい、ゲイのショウ衣装を身にまとい、ダンスの練習をやってしまったり、、、そして、メメントでシリアスな演技を見せていたガイ・ピアーズも、下品で喧嘩っ早い役を演じきってました。ホント贅沢な配役です。

裏方さんも、製作は「ゴシック」(←これ好き)のアル・クラークと「U2/魂の叫び」のマイケル・ハムリン。衣装デザインは豪州屈指のデザイナー、リジー・ガーディナーとティム・チャペル(知らないけど)。チーフ女装コンサルタントは女装アーチストの第一人者、ストライカーマイヤー(こういう仕事の人いるのね)。

usaco つくづく、こんな雰囲気、時間の流れ方の映画が好きなんですよね。

ちなみに、原題は「The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert」 ははーん。個人的にアボリジニたちと繰り広げる砂漠のパーティシーンがお気に入り。

*PRISCILLAってなんだっけ?お店の名前?ここだけわかんない。
# by usazan | 2007-07-10 10:52 | 映画

SMOKE (1995 / 日=米)

c0148548_12144161.jpg★ネタバレなし
原題 : SMOKE
監督 : ウェイン・ワン
出演 : ハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート、ストッカード・チャニング、ハロルド・ペリノー、フォレスト・ウィテカー、アシュレイ・ジャッド、メリー・ワード、ジャレッド・ハリス
作品時間 : 104 min


原作は、アメリカを代表する作家ポール・オースターが書き下ろした 『オーギー・レンのクリスマス・ストーリー』 。14年間毎朝同じ時刻に店の前で写真を撮りつづける煙草屋の店主オーギー(ハーヴェイ・カイテル)と、彼のなじみの客で突然の事故により出産まもない妻を失って以来ペンを持てずにいる小説家のポール(ウィリアム・ハート)とポールを助けた少年(ハロルド・ペリノー)の3人を中心に、ブルックリンの小さな煙草屋とそこに集まる人間たちの日常が運命的に絡み合う、哀愁とともに描いた大人の上質ドラマ。

c0148548_12154091.jpgある日、ポールがオーギーの見せに立ち寄り、オーギーの写真を見ていると、亡くした妻の出勤している姿を見つけて涙する。そしてそのままふらっと外にでて車にひかれそうになったところを助けたのが、黒人の家出少年。次第に彼らの家族関係が浮き彫りになっていき、そして新たな展開を見せていく … 派手な演出やストーリーではないけれど、出演者たちの渋すぎる演技や、繊細な演出に浸れる作品です。

端々で語られる本当かうそかわからないエピソードにも味があって、同時にドキリとさせられたり。また台詞もいい!"人生なんて、煙のようなものだ・・・" なんて、深みのある言葉なんだろう。と思いました。タバコを吸わない私も、タバコの煙(の雰囲気)に酔いました。

ラストシーンのトム・ウェイツの名曲"Innocent When You Dream" に乗せて流れていくモノクロームのエンディングは必見!usaco ジーンときました。usaco映画ランキング5位以内に入ってる感じ。

ちなみに少年役ででてくるペリノーは、この作品の後、デカプリオ主演 「ロミオ&ジュリエット」や、最近では 「マトリックス」 シリーズにも出ていて、少しずつメジャーになりつつあります。「スモーク」では、まだあどけなさが残ってて、彼の役者としての原点が見えるよう。
# by usazan | 2007-07-10 00:00 | 映画

もう一度...

昔、続かなかったブログから引っ越してきました。
映画や日常のことをぼちぼち書き溜めていこうと思っているんですが、今度は続くかなぁ...。
# by usazan | 2007-07-01 00:00

いつも途中で終わるblog ... また映画や日常について書いてみよう。


by usazan
プロフィールを見る
画像一覧