マグダレンの祈り(2002/英・アイルランド)

c0148548_9182174.jpg★ネタバレなし
タイトル : マグダレンの祈り
原題 : THE MAGDALENE SISTERS
監督 : ピーター・ミュラン
出演 : ノーラ=ジェーン・ヌーンドロシー・ダフィアンヌ=マリー・ダフアイリーン・ウォルシュ
上映時間 : 118mins.


アイルランド・ダブリン、マグダレン修道院に収容されていた女性たちの衝撃的な実話を映画化したドラマ。2002年ヴェネチア国際映画祭グランプリ、トロント国際映画祭批評家賞など、多くの賞を受賞した衝撃のノンフィクション作品です。

c0148548_9185512.jpg1964年、3人の少女がそれぞれの"罪"を背負い、マクダレン修道院に収容されます。孤児院で育ったバーナデッド(ノーラ=ジェーン・ヌーン)は美しさゆえに男性の目をひきつけてしまうこと、知的なマーガレット(アンヌ=マリー・ダフ)は従兄弟にレイプされたこと、パトリシア=ローズ(ドロシー・ダフィ)は未婚のまま子供を産んだこと。ここではそれらが立派な"罪"となり、彼女たちは "堕落した娼婦" として扱われてしまうのです。そして祈りと労働によって神に奉仕し"罪" を悔い改めるため労働に身をささげるよう命じられるのデス。

修道院を管理する修道女たちはまるで鬼看守のようです。私語・私服の自由もなく、日々修道女たちに虐待される。脱走をすればそりゃもう大変なもんです。精神に異常をきたす者もいます。家族や周囲の体裁を守るために彼女たちを排除するという理不尽でならない世界です。

c0148548_919339.jpgそもそも「マグダレン修道院」は、娼婦や性的なトラブルに遭った女性の保護あるいは更生施設として、13世紀にヨーロッパ各地に設立されたんだそうです。キリストによって改心した娼婦"マグダラのマリア"に因んで名付けられたんですね。舞台となったアイルランドの聖メアリー・マグダレン修道院は、1996年に閉鎖されるまで3万人超の少女が経験したとされる過酷な実態を綴った真実の物語なんだそうです。そんな施設がつい最近まであったことにショックですね。

(あ、ちなみに、マーガレット役のアンヌ=マリー・ダフは、最近注目のジェームズ・マカヴォイ(タムナスさん)の奥さんです。)

その後、世間からの非難やカトリック教会の力の衰退により、そういった修道院は閉鎖されていきましたが、性悪説のもと人間を扱っていた修道女、神父こそ堕落していたのではないかと感じてしまいます。

しかし、現在はより多くの自由が得られる世の中ですが、かといって人間の倫理観が上がったとは思えないのが悲しい現実です。
by usazan | 2008-10-09 09:06 | 映画

いつも途中で終わるblog ... また映画や日常について書いてみよう。


by usazan
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る