直島アートの旅 vol.4

c0148548_10405563.jpg
地中美術館へ

2004年に開設された安藤忠雄氏設計による美術館。その名の通り、四角など幾何学形の開口部が地上にある以外は、施設全体が全て地下に埋められています。


c0148548_1048791.jpg
クロード・モネ
「睡蓮の池」2枚組
「睡蓮」
「睡蓮の池」
「睡蓮-柳の反映」
「睡蓮」

床は大理石モザイクで限りなく白い世界が広がります。地下なのに自然光で鑑賞モネの作品を鑑賞できる設計で、安藤忠雄との究極のコラボです。
その美しさに思わず息をのみました…


c0148548_10415230.jpg
ウォルター・デ・マリア
「タイム/タイムレス/ノー・タイム」

またまた深いタイトルです…
直径2m以上の花崗岩の球体と、金箔を施した27体のマホガニー材の立体を配置されている大空間。なんだか緊張した空気が漂い、自然光に輝きながら神聖な場所であることを強調しています。


c0148548_10444130.jpg
ジェームズ・タレル
「アフラム、ペール・ブルー」
「オープン・フィールド」
「オープン・スカイ」

光のアート&マジックです!
光そのものを作品にするタレル氏の作品は、一瞬のうちに異空間へ誘われます。
そして時々「あ!やられた!」と感じますw まさに体感アートなのデス。

地中美術館には3人のアーティストの作品のみ展示されていますが、安藤忠雄建築のすごさをつくづく感じさせられます。作品をより際立たせるのはその「空間」なんですね。
by usazan | 2009-11-18 10:56 | 旅行

いつも途中で終わるblog ... また映画や日常について書いてみよう。


by usazan
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る