タグ:2007 ( 4 ) タグの人気記事

JUNO (2007/米)

c0148548_21252427.jpg★ネタバレなし
タイトル : ジュノ
原題 : JUNO
監督・脚本 : ジェイソン・ライトマン
出演 : エレン・ペイジマイケル・セラジェニファー・ガーナーアリソン・ジャネイ
上映時間 : 96mins.


16歳の女子高生が予想外の妊娠を経験し、家族、友人とともに現実を受け止め成長していくさまを描いたハートウォーミングドラマ。アカデミー賞脚本賞受賞作品。14歳で 『ハード・キャンディ』 で注目され成長著しいエレン・ペイジが16歳の妊婦を好演してマス。

c0148548_21221465.jpgロックとホラーが好きな女子高生ジュノ(エレン・ペイジ)。彼女は興味本位でバンド仲間のビリーカー(マイケル・セラ)とセックスし妊娠してしまいマス。ジュノは中絶をするため、婦人科を訪れますが、外では同級生が中絶反対運動をしています。「胎児にはもう爪が生えてるんだよ!」。その言葉で中絶をやめ出産することを決心したジュノ。しかし今の自分に赤ちゃんを育てられっこない。そう思ったジュノは、親友リアとともに理想的な里親を探しマス。

女子高生で未婚で妊娠!これは大問題ですが、本人も家族も友人もあっけらかんとその現実を受け入れます。『堕ろしなさい』 なんて説教は一切ありません、あっさりしすぎてて笑っちゃうけど。家族も親友も、妊娠してるジュノをこれまでのジュノと変わらず接する自然な姿がステキです。

そして、ジュノと父親は、新聞広告で養子を探しているカップルに会いに行きます。子供を切望している妻・ヴァネッサと夫・マークは、リッチでクールな夫婦。ジュノも納得する理想のカップル。さっさと里親契約を進めます。『赤ちゃんしぼりだしたら、持ってくるね!』 なんつって。

c0148548_21214392.jpgしかし、ジュノの妊娠は、意外にもいろんな人間関係に影響を与えていくのです。そしてそれは他人だけじゃなく、自分の感情にも変化を与えます。

いつも強ぶってシニカルなことばかり口にしているジュノも大人の世界と自分自身の感情を知ることで傷つき、少しだけ大人になっていきます。でもそんなことお構いなしにお腹はどんどん大きくなるし、どうなるの?

本作で脚本家デビューした新進気鋭のディアブロ・コディ。実は彼女の十代の頃に親友が直面した体験談がヒントになっているんだそうです。社会問題化もしている十代の妊娠。十代の目線で追っているところが逆に新鮮で、それだからこそ家族や友人の存在がかけがえのないものに思えます。

そしてラストシーンは、とってもとってもカワイイです。
順番ははちゃめちゃだけど、ジュノはいつもでジュノらしい。

それぞれの立場で、深刻に?あっけらかんと立ち向かう。
でもでも、ほんとは大問題発生なんだよ。
軽快でコミカルなストーリーの中の大切なメッセージを見逃さないでほしいです。
by usazan | 2009-02-13 12:44 | 映画

300 (2007/米)

c0148548_23493866.jpg人名リンク=Exciteキーワード(検索まとめサイト)です。結果ページにはネタばれにつながるサイトへのリンクがある場合もありますので各自ご判断ください

タイトル : 「300」
原作 : 「300」/フランク・ミラー
監督 : ザック・スナイダー
出演 : ジェラルド・バトラーデイビッド・ウェナムレナ・ヘディロドリゴ・サントロ
上映時間 : 117分


100万のペルシア軍にわずか300人のスパルタ軍が迎え撃つ"テルモピュライの戦い"を基にしたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルの映画化。

c0148548_1132633.jpgレオニダス(ジェラルド・バトラー)率いる地上最強と謳われた300人のスパルタ軍。一方、クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)率いるペルシア軍は100万人の巨大軍勢。どうやっても勝つのはムリだよ... なんだけど、レオニダス王のプライドと信念に格好よさを感じます。

それにしてもあの肉体スゴイです。わたし男の人のマッチョ姿は苦手なんですが、これは大丈夫でした。だってそれは意味のある筋肉だから!要は兵士たちの鎧、いわば肉体こそが衣装なんデス(笑) あの肉体、フルCGにすると予算オーバーになってしまうということで、鍛えることにしたんだそうです。やっぱりスゴイなぁ(汗)

c0148548_1153877.jpgストーリーは史実と異なるところもあるんですが(ほんとはペルシャ軍は20万程度とか)、それ抜きにしても映像がとても美しいです。ダークでミステリアスでファンタジック。戦いが多いので残虐なシーンはあるものの、どれもが大切なシーンで無駄のない作品デス。

大切な人を守るための戦い。王として国を守るための戦い。屈強な男たちのプライドをかけた美しい戦いとして描かれています。

ところで、クセルクセス役のロドリゴ・サントロは、ピアスやらチェーンやらでじゃらじゃらの顔で恐ろしいほどの威厳を漂わせていましたが、ほんとはとっても甘いマスクをしててピープル誌が選ぶ「世界で最も美しい50人」に選ばれているんだそうです。へぇ、マジで。
by usazan | 2008-03-24 22:45 | 映画

幸せのレシピ(2007/米)

c0148548_091183.jpgタイトル : 幸せのレシピ ( No Reservations )
監督 : スコット・ヒックス
出演 : キャサリン・ゼタ・ジョーンズアーロン・エッカートアビゲイル・ブレスリンボブ・バラバンパトリシア クラークソン
上映時間 : 104分


ヨーロッパの映画賞を多数受賞した2001年のドイツ映画 『マーサの幸せレシピ』 をキャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演でリメイク。 『シャイン』で脚光を浴びたスコット・ヒックス監督のハートウォーミングなドラマ。

高級レストランの料理長のケイト(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)は、一流シェフの腕をもつが、完璧主義であるがゆえに人付き合いは苦手で、厨房でもプライベートでも孤立している存在。

c0148548_10124.jpgある日ケイトの姉が事故死したことで、突然9歳の姪ゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を引き取ることになります。そして、店にはケイトとはまったく違うタイプで、いつでも陽気なシェフのニック(アーロン・エッカート)が副料理長として加わります。厨房が「人生の全て」と豪語するケイトは、ふたりの存在に戸惑いながらも、少しずつ心を通わせていき、厨房の外にも大切なものがあることに気づかされていきマス。

キャサリンはとても美人なヒトですね。それは見た目じゃなくて中から溢れてきている感じで好きな俳優の一人です。そして脇を固めているアーロンとアビゲイルもいいデス。
c0148548_111173.jpgそういやアーロンさんて、「エリン・ブロコビッチ」で隣の家に越してきたひとのいいヒッピー(恋人)役をやってたんデスね。毛むくじゃらで顔よくわからなかったけど…。そして、アビゲイルは、「リトル・ミス・サンシャイン」で美少女コンテストで優勝することに取り付かれている少女を熱演してるらしいです(実はまだみてない)

キャサリン・ゼタ・ジョーンズのキャラのせいか、重苦しくなく、さらっときれいに描かれている映画です。見ているものを感動させるには、もう少しそれぞれの心の葛藤を描いてもいいのかとも感じたけど、逆にわざとらしくなりすぎず見やすいと思いマス。

最近こういうタイプの映画が好きなんですよね。
疲れてんのかな...
by usazan | 2008-02-28 00:05 | 映画

カンナさん大成功です!(2007/韓)

c0148548_13512177.gif★ネタバレなし
タイトル : カンナさん大成功です!
原作 : 鈴木由美子 『カンナさん大成功です!』
監督 : キム・ヨンファ
出演 : チュ・ジンモキム・アジュン
上映時間 : 116分


韓国の『整形社会』を風刺したコメディ。
原作は鈴木由美子のマンガなんだそうデス。

ブーちゃんでおデブちゃんのカンナさん(キム・アジュン)は美声を活かして歌手になることを夢見てましたが、結局たどりついたのはスター歌手のゴーストシンガーの職。舞台裏で一生懸命に歌います。想いを寄せるプロデューサーのサンジュンさん(チュ・ジンモ)のためにも...。

でもやっぱり人間、なんでも美しいものが好きなんですよね。
カンナさんもそれなりに楽しく生きてきましたが、周りの本音を聞いてしまい雲隠れ&全身整形に挑んでしまうのデス。

とまぁ、よくある話なんですが、素直に面白いデス。風刺&コメディのテンポのよい作品だと思います。美しいものが好きなくせに、整形美人ってなると化け物扱いするんですよね、人間て。

c0148548_13551542.jpgそして監督のキム・ヨンファも例外ではありません。だって、この映画をきっかけにキム・アジュンと熱愛のうわさがでてましたもん。

それはさておき、歌は本当にうまい!キム・アジュン自身が歌っているんです。
この主役の条件は、「歌がうまい」、「新人」、「整形してない美人」が条件だったそうな。

韓国では色々賞もとったみたいデス。
第44回(2007)大鐘賞最多12部門ノミネート
第44回(2007)大鐘賞主演女優賞受賞(キム・アジュン)

ところで、劇中で歌われているアベ・マリアってPOPな曲があるんだけど、梨花が日本でのイメージソングでカバーしてるの。これこそどうでもいいなぁ... 。
by usazan | 2007-12-18 23:15 | 映画

いつも途中で終わるblog ... また映画や日常について書いてみよう。


by usazan
プロフィールを見る
画像一覧