カテゴリ:日常( 42 )

Eレシピ

麻婆豆腐 定番の麻婆豆腐は覚えておきたいレシピのひとつ。最後に加えるゴマ油がポイント。 中華、炒めもの

Eレシピの記事を引用できるようになりましたね。

プロの料理家のレシピなので、今週の献立は重宝して利用しています。
by usazan | 2012-12-05 12:34 | 日常

今日のにゃんこ

c0148548_9574824.gif林試の森公園にて。

いつもの通勤路。
いつものにゃんこ。

今日は茂みに頭を隠しちゃいましたね。

そして、今日は目黒在住のお友達にもばったり。
楽しい朝デス。
by usazan | 2010-07-07 09:48 | 日常

No man's land

旧フランス大使館「No Man's Land」へ
Kまさん、Iさんとともに。

フランス大使館が新庁舎に移転した後、旧庁舎にて「No Man's Land」が開催(~2010/2/18)。フランス、日本の70名ものアーティストたちが参加し屋内外で独創的な作品を数多く展示。解体前の庁舎でのアートプロジェクトは珍しく来場者もかなり多く入り口には行列ができるほど!

「No Man's Land」とは無人地帯、非武装地帯という意味を持ち、ダニス・タノヴィッチ監督の作品(2002年アカデミー賞外国語映画受賞)と同タイトルですね。


c0148548_02913100.jpg
ニコラ・ビュフの作品。

新旧庁舎をつなぐ大きな門が展示。
ダンボール、黒板などで作られた門をくぐっていざ会場内へ。



c0148548_0301987.jpg
※作者調査中

近代アート建築の写真に外部の陽の透しキラキラした展示作品です。

解体直前の建物の中で、いつか役割を終えなくなる建築物の憂いを表現しているのではないかと感じマス。



c0148548_030437.jpg
吉野祥太郎氏による屋外のアート。

取り壊される場所の本質を問いただした作品なのだそうです。
これ、地面を掘った跡にセメントを流し込み、固まったあとで一緒に固めたフックを使って持ち上げるということをしてるんだそうですよ。ふーむ。



c0148548_031060.jpg
GEISAI出身のアーティスト、三宅信太郎の作品。

部屋全体がトリコロールでかわいいパリジャンのお部屋のようです。コンセントにもぬかりがありませんよw



c0148548_0311929.jpg
韓国人写真家のジェイ・ジョの作品。

彼にとってNo Man's Landとは、北朝鮮と対峙する38度線の非軍事ゾーン(DMZ)に他ならないのだそうです。




c0148548_031386.jpg
クロード・レヴェック作品。

タイトルは「鼻血」…
インパクトありますね…w
しかしすごいのはタイトルだけじゃないのデス。よーく見てください。階段をある角度からみるとこのように見えるのです。ラインがそろった瞬間が気持ちいいです。



c0148548_0315696.jpg
※作者調査中

3F通路に設置された横長なスクリーンに映し出される美しい映像。
スクリーンの前を歩いたり走ったりすると音楽が変化していくという作品なのだそうです。人が多くてそこまで感じ取ることができず... 残念。



c0148548_0321610.jpg
松井えり菜の作品。

森の中のロマンチックな廃墟な感じですw
ウーパールーパーやらドコモダケがモチーフとした不思議なインスタレーション。怖いものみたさで近寄ってしまう魅力があります。



c0148548_0323264.jpg
Jef Aerosol の作品。

不思議の国のアリスのような少女の壁画ですね。アールがかった壁に立体的に描かれています。表情から緊張感が漂ってくるようです。

そして、この少女身長は2.5メートルくらいあるのですw



さて、旧庁舎の設計者のジョセフ・ベルモンは24歳でこの建物を設計したそうで、その後もデファンス地区開発整備公社の総裁を努めるなど活躍したそうです。解体してしまうのがもったいないほど上品な作りの建物です。

創造と破壊がテーマのアートプロジェクト。
過去の未来の融合ではなくどちらの時間も一時停止させたような空間でした。


by usazan | 2010-01-17 23:54 | 日常

4th Aniv.

c0148548_22503953.jpg

今回で4回目を迎えます。
いろいろなことがありました。
日々起こることすべてが人生の一部。
どんなことがあっても前向きにいこうね。
後ろ向きには歩きにくいからw
by usazan | 2009-12-29 22:50 | 日常

エビクリ

c0148548_23252334.jpgEBS会・公式クリスマスパーティ
本日は総勢11名が集合。

B2のパプリカソースもIJのチキンも美味でございました。EBJパーティはいつもお料理も楽しみです。

K重家、A久家の結婚式DVDで感動&爆笑しつつ、みんなで変顔コンテスト!(私だけまともである意味失敗 w)

c0148548_2318934.jpg
そしてお楽しみのプレゼント交換。

SイチはB2のスペインお土産、ガウディの建築物をモチーフにしたペッパー&ソルトケース。私はR王チョイスのステンレス石鹸とTるちゃんからSKⅡのマスクをいただきました。どれも素敵な品です。そして日々ステンレス石鹸の威力に感動してマス!
by usazan | 2009-12-20 18:24 | 日常

Thank you...

c0148548_2381798.jpg
あっという間の1年でした。
みなさまプレゼント&サプライズありがとうございマスw

この1年、人とのつながりを非常に大切に感じました。当たり前のようなつながりに奢らず、感謝の気持ちを持ち続けたいと思います。
これからもどうぞよろしく!
by usazan | 2009-12-11 22:26 | 日常

パン教室

c0148548_06550.jpgcuocaのパン教室へ

浅草の粉花オーナー姉妹を講師にむかえ、プチカンパーニュのレシピの講習を受けました。

最後に焼きたてのパンを試食デス。
レーズンの天然酵母の甘さもほんのり。
もっちもちをいただきました。

来月は M's Kitchen へ!
by usazan | 2009-10-16 23:57 | 日常

八景島

c0148548_035779.jpg
八景島シーパラダイス

写真家・中村征夫 さんに感化され、海の世界を見に行きたくなりましたw

西部太平洋の暖かい海に生息するキイロハギ。
おちょぼ口のかわいい仲間たちです。



c0148548_14172938.jpg
つづきまして、マイワシの大群です。
水槽全体に輝くマイワシは美しいですね。
Sイチさん隣でおいしそうとか言わないでください。



c0148548_04337.jpg
そして、シロイルカさん。
なんともやさしい表情をしています。
子供が大好きで 「あっちむいてほい」 をして遊ぶのデス。頭のよさとコミュニケーション力に脱帽です!
by usazan | 2009-06-20 00:03 | 日常

OREXIS

c0148548_14433993.jpg
Sママと自由が丘へ
雑貨、食器、洋服などみて歩きましたよ。

世界のトップパティシエ 辻口博啓氏オーナーのモンサンクレール でほっと一息。濃厚なチョコが口の中に広がります。



c0148548_1444792.jpg
そして、本日はダンナくんの誕生日。

3人で OREXIS でお祝い。

充実の1年になりますように。
by usazan | 2009-06-12 14:41 | 日常

LOUVRE

ルーブル美術館展へ

17世紀ヨーロッパは、美術史上 『黄金の世紀』 と呼ばれ、レンブラント、フェルメール、ベラスケスをはじめとする有名画家を数多く輩出した時代なんだそうです。
ウリのひとつである「中尾彬の音声解説」を利用してみたけどこれが案外よかったデス ww

c0148548_1832292.jpg『レースを編む女』 (ヨハネス・フェルメール)

17世紀オランダ風俗画を形成したフェルメールの代表作のひとつ。
作業に集中する少女をやわらかい光が照らし静寂さが伝わってくる作品です。道具箱からのびた赤と白の糸は、カンバスの上にたらされた絵具そのものとして描いた繊細な技法を取り入れているんだそうです。

そしてカンバスサイズの小ささに驚きましたが、吸い込まれるような魅力でした。


c0148548_18321066.jpg『王女マルガリータの肖像』 (ディエゴ・ベラスケス)

スペイン王フェリペ四世と王妃マリアーナの娘であり、王妃でありルイ14世の母でもあるアンヌ・ドトリッシュの姪であった王女マルガリータの肖像画。

ルーブル宮の王の母の部屋に飾られていたんだそうな。この時代の肖像画は、外交上存在を知らしめるうえで必要なものであり、いくつも複製が作られたんだそうです。
お見合い写真の役割もあったんでしょうね。



c0148548_18522079.jpg『縁なし帽をかぶり、金の鎖をつけた自画像』 (レンブラント・ファン・レイン)

レンブラントは、各年代ごとに自画像を描き、表現の多様さに注目されています。『縁なし帽をかぶり、金の鎖をつけた自画像』 では、ルネサンスの肖像画のように昔風に帽子をかぶり、当時のオランダの上流社会で流行ったとされる高級な生地と金の鎖を身にまとい、他のヨーロッパ諸国の絶対王政によって発展した優雅さにあこがれたものを表しているんだそうです。

レンブラントはデ・ニーロに似てるなとか、諸々邪念もありつつも、ゆっくりと17世紀ヨーロッパ美術を楽しむことができました (-_-;;;
by usazan | 2009-04-18 18:19 | 日常

いつも途中で終わるblog ... また映画や日常について書いてみよう。


by usazan
プロフィールを見る
画像一覧